2012年03月31日

島田市最終処分場の動画

島田市最終処分場 雨の日
http://www.youtube.com/watch?v=RFezsYgYdk0


静岡県島田市の最終処分場(焼却灰埋め立て地)の様子を撮影した動画との事。

焼却灰受け入れ以前に、これ普段から管理がきちんとできてるかちょっと疑問に思いますね。

焼却灰を受け入れたところは、周辺住民の監視などが今以上に厳しくなるため、「受け入れをしていなかったら見過ごされていた管理の杜撰さ」を発見されるところが次々と出てきたりして……。
posted by wanwan at 07:59| 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月25日

カリウムとセシウムの違いについて

放射性カリウムを含んだ食品は多く存在し、数百ベクレル/kgの物もあれば、中には数千ベクレル/kgの物もあります。
「放射性カリウムを普段からそれなりの量摂取しているのだから、放射性セシウムについては摂取してもそんなに気にする事はない。」みたいな意見もありますが、果たしてそれは正しいのでしょうか?

成人の場合、体内の放射性カリウムの総量はだいたい6000〜7000ベクレル程度となっています。
放射性セシウムに比べて放射性カリウムの生体内半減期はかなり短いという事もありますが、それでもこの数字は少なめに感じませんか?
数百ベクレル/kgや数千ベクレル/kgの食品が結構あるなら、一日あたりは数十ベクレル〜100ベクレル程度は摂取しててもおかしくなく、生体内半減期に従って体外へ排出される分を考慮しても、何十年も生きてる成人の場合はもっと人体内に蓄積されている放射性カリウム量は多くなるはずです。
一般的な成人の場合の平均値が6000〜7000ベクレルどころか、数万ベクレルいっててもおかしくはないでしょう。

何故6000〜7000ベクレル程度に抑えられているかというと、生物は長い間カリウムとつきあってきた事もあって、進化の過程で「過剰なカリウムを排出する機能」を獲得したからです。
(この調整機能はカリウムだけではありませんが)

放射性カリウムの生体内半減期は30日と言われていますが、実際は体内でカリウムが過剰になった場合は普通は調整機能が働き、もっと早く余分なカリウムを体外へ排出してくれるのです。


じゃあセシウムはカリウムと似たような動態のため、同じように体内のセシウム量が多くなった場合は通常の生体内半減期より早く、より積極的に排出してくれるのでしょうか?
カリウムと同様セシウムも調整機能があるのでしょうか?

http://blog.goo.ne.jp/jpnx02/e/f473d363d0736314428f1b7ebc09a845

上記は、以前ホールボディカウンター(WBC)で何人かの体内セシウム量を測定したニュースについての記事です。
検査を受けた方の中には体内に25万ベクレルものセシウムが蓄積されているのが発見された人もいるようです。
(結構インパクトのある数字だったので、このニュースを覚えている人も多いのでは?)

原発事故直後に計測したものではなく、数ヶ月経過した段階で確かこの測定は行われたはずで、もしカリウムのように体内の量が多い場合は調整機能が働いて積極的に体外へ排出されるなら、25万ベクレルも体内に残っているという事はないのではないでしょうか?

この結果を見ると、どうもセシウムとカリウムは人体内での振舞いが似た部分もあるものの、体内での量が多くなった時の調整機能についてはカリウムでは働くものの、セシウムでは機能しないのではと思われます。
よく「同じ放射線を出すものなら、自然核種と人工核種では一緒」みたいに言われていますが、長年生物がつきあってきた自然核種(カリウム)と、人工核種(セシウム)の違いはこういう部分で出てくるのではないでしょうか?
「調整機能があるおかげで一定量までしか蓄積しない(自然核種)」と、「調整機能が働かないので、生体内半減期で多少排出されるとはいえ、油断してると体内の量がどんどん増加していってしまう(人工核種)」と。


この点については、動物実験などで検証をする必要があるかもしれません。
一定量のセシウムを含んだエサを与えたA群のマウスと、その10倍の量のセシウムを含んだエサを与えたB群のマウスで一定期間経過後の尿中のセシウム量を計測してはどうでしょうか?
単純にB群のマウスはA群のマウスに比べて尿中のセシウム量が概ね10倍程度になるのか、それとも体内の調整機能が働き10倍どころかもっと多くのセシウムが含まれるのか?
後者の場合は「セシウムもカリウム同様体内に多くなった場合は積極的に体外へ排出されるから一定量までしか蓄積されない」という結果が導き出されます。
しかし前者の場合は「カリウムと違って調整機能が無いので、食品中のセシウム量に気をつけないとどんどん蓄積していって体内のセシウム量が増えていってしまう」という事になるでしょう。

posted by wanwan at 09:25| 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月24日

逆風の中、札幌市が改めて瓦礫の受け入れはできないと表明

・東日本大震災により発生したがれきの受入れについて


札幌市の上田文雄市長が、岩手・宮城の瓦礫については申し訳ないが受け入れできないという事を昨日3月23日に改めて表明したようです。
全国各地で「瓦礫を受け入れしよう」というおかしな風潮になってる中、こういう声明を改めて出す市長には敬意を表したいです。

この市長の声明では、

『国は、震災がれきの80%を被災地内で処理し、残りの20%のがれきを広域で処理することとし、今後2年間での処理完了を目指しています。
これに対し、「現地に仮設処理施設を設置し精力的に焼却処理することで、全量がれき処理が可能であり、また輸送コストもかからず、被災地における雇用確保のためにも良い」という意見も、被災県から述べられ始めています。』


と、こっちでも「20%の瓦礫の処理で、莫大な輸送コストをかけて全国に拡散し被災地から雇用を奪うよりも、80%現地でやれるなら全てを被災地でやった方がいいのでは?」と指摘していますね。
「8000ベクレル/kgまでなら埋め立てて良い」という、何の科学的根拠もなく決められたでたらめな数字に対してもきちんと否定をしています。
こういう風に正当な理由で受け入れを否定するところがもう少し増えていって欲しいものです。

ちなみに北海道といえば、黒松内町でも瓦礫を受け入れできないという事を表明しています。

・黒松内町は、震災がれきの受入れをいたしません。

すでにあちこちで取り上げられていますが、徳島の環境課の回答も素晴らしいものでした。


ところで、民間のセメント工場(太平洋セメントなど)が日本各地にある工場で瓦礫を受け入れて、焼却灰をセメント化して周辺に流通させると表明し出しました。
ここで気になるのは処理工場の「排水」です。
セメント工場といえば、市原エコセメントが1000ベクレル/lと、基準値を大幅に越えた汚染水を東京湾に何ヶ月も垂れ流したという事がありました。
(しかも平均して1日あたり300トンも放出)

・排水から15倍濃度セシウム 東京湾に放流1カ月半 市原の廃棄物処理会社
http://blog.goo.ne.jp/wa8823/e/ff82ac3be273dfb6453a03db23371931
(タイトルでは「一ヶ月半」と書かれているが、実際はもう少し長い間放出されていたよう)


リンク先の記事でもわかると思いますが、市原エコセメントのケースでは、処理や施設の洗浄で使用した水を放出する前にゼオライトで一回浄化処理しててもこういう数値が出ていたのです。
焼却灰についても、2000ベクレル/kg以下の物しか受け入れてなかったと。
(まぁ所詮サンプル検査なので、実際はこの数値は守られていたかどうか相当疑わしいです。)

放射性物質の含まれる焼却灰については、どこのセメント工場であれ処理する場合は、処理や施設の洗浄で使用した水の中に放射性物質が含まれる事になります。水の汚染度は焼却灰の汚染度に比例するでしょう。
排水前に何度も浄化処理して放射性物質濃度を極限まで落としてから放出するようにしないと、市原エコセメントのように下水や河川に大量に放射性物質を垂れ流す事になってしまうのです。
(焼却灰の汚染度により排水の汚染度も変わるため、市原エコセメントのように1000ベクレル/lはいかないでしょうが)
国は各地のセメント工場で焼却灰を処理させる場合は、新たに放射性物質を除去する装置をしっかり設置させて、しかも市原エコセメントのケースを見ると何回も何回も浄化処理させないといけないはめになるのですが、この点きちんと指導できるのか疑問がありますね。
(指導できてたら、市原エコセメントのようなケースは発生しなかったでしょう)
また、浄化処理などで使ったゼオライトなどは放射性物質をかなり吸着してて高濃度になるはずで、これらについても引き受け先を考慮しないといけません。

受け入れを決めて市や県の土地を汚染させたり、汚染が起きなくても風評被害で市や県の農産物や加工食品業、観光業などに大きな損害を与えた場合は、その受け入れを決めた市長や知事、町長などに対しては、被害を受けた人達が手を組んで後で民事訴訟を起こすというのは当然です。
これは過去の様々な裁判を見ても、「被害者は泣き寝入りせず、こういう行動に出る」というのは見てとれます。

同じように周辺を汚染した企業があれば、その企業に対して被害を受けた人達が手を組んで訴訟を起こすというのは覚悟しておいた方がいいでしょう。
今回のセメント工場みたいに受け入れを決めるところは、「周辺に汚染を起こさない」という事にしっかり配慮して対応しないと、後で大学や研究機関などの抜き打ち検査で、セメント工場の敷地近くの河底などの土壌調査で「放射性物質を大量に垂れ流ししていた」などと判明すると、色々なところへ賠償するはめになり、その企業の経営が一気に傾く事になるでしょう。
これは最終処分場の管理会社もそうで、どうしても受け入れる場合は、最終処分場の浸出水の排水についてもしっかり浄化処理をしないといけません。
しかも一度放射性物質がそれなりに含まれる焼却灰を埋め立てた処分場は、今後ずっと排水を浄化処理し続けないといけないという重荷を背負わされる事になってしまいます。
最終処分場が備えている今までの浄化設備では放射性物質はきちんと除去できないため、追加の設備を導入しないといけない上、そっちの運営コストも今後ずっとかかり続ける事になるのです。
正直受け入れるところにとってはわりのあわない話です。

焼却場では受け入れokでも、その焼却灰を受け入れていたセメント工場や最終処分場が受け入れを断るようになるというところも今後出てくるでしょう。
posted by wanwan at 16:04| 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。