2013年01月10日

北九州市が広域処理の瓦礫受け入れを今年3月で終了と、予定を急遽変更

当初から「広域処理をしなくても瓦礫処理は地元処理で予定以内に終了できる。」と、ここのブログでも他のところでも多くの人が言ってきましたが、やっぱりというか、それが本日のニュースで証明されたようです。

北橋市長が市民の反対を押し切って強引に瓦礫を受け入れていた北九州市ですが、当初の予定より大幅に早く瓦礫の受け入れを終了する、との事。
今年3月(あとたった二、三ヶ月)で瓦礫受け入れをやめるそうです。
当初は、もっと長期間、大量の瓦礫を受け入れる予定でした。

瓦礫の処理を依頼していた宮城県側が、「やっぱりそちらで馬鹿高い運搬費用をかけて瓦礫を処理してもらわなくても、地元で十分処理可能でした。」という事で、今後の瓦礫受け入れを断ったとの事。
さすがの北橋も、もう瓦礫を受け入れる大義名分は、全く無くなったようです。


大阪市や他の地域でも、多分同じように後になって「やっぱり瓦礫受け入れしてもらわなくても地元で十分処理できる。コスト的にも地元で処理した方が遥かに安く処理できる。」という事で、途中で受け入れを中止になるところがどんどん出てくるでしょう。

なお、瓦礫の受け入れを急遽終了する事になった北九州市ですが、周辺に汚染が起きていないのか、多くのポイントでしっかり土壌や植物の調査などをしないといけないでしょう。
受け入れが終了したから、このまま何もかも闇に葬るというのはダメです。
バグフィルターは、製造メーカー自身が指摘していたように、「放射性物質の捕獲能力はない」です。

また、最近になって静岡市でこんなデータが出てきました。

静岡市の震災がれき試験焼却で明らかになった 広域処理での放射能拡散増加の可能性。広域処理で放射能拡散か?
http://diamond.jp/articles/-/30406




元々、広域処理については発起人や、それを推し進めていた人などは「広域処理ありき」で話を進めており、瓦礫の実際の量や、処理コストなどについてはまともに考えていませんでした。
地元で処理できるなら、無理に高いコストをかけて遠くまで運んで処理する必要はないのです。

ちなみに、広域処理を提案した仙谷由人、環境省に広域処理をするよう指導した松本 龍の二人については、今年の衆議院選挙でどちらも見事落選しました。
ザマァミロ、といったところ。


あとは細野豪志ですが、彼は原発事故担当大臣を長い間やっていました。
で、彼が大臣任期中に除染についてまともに指導・監視するよう手配していなかったせいで、最近になって「手抜き除染」が次々と発覚する事になりました。

本来なら除染については、担当ゼネコン・下請けにしっかり指導・監視させるべきを、このアホはまともにそういう事をやっていなかったと。
大臣としてまともにやるべき事をやっていなかった屑ですね。

この細野については、しっかり責任を取らせるべきでしょう。


posted by wanwan at 23:12| 記事 | 更新情報をチェックする