2012年09月24日

まともな検査もせずに「安心安全」とか「風評被害だ」とは・・・

北九州市が瓦礫の受け入れを開始しましたが、それに伴い、下記のサイトを立ち上げました。

・北九州「海の幸」「山の幸」を愛するナビ
http://www.kitakyushu-umisachiyamasachi.jp/

「瓦礫受け入れによって北九州市の農産物、魚介類の売れ行きが落ちないよう、安心安全情報を流す」だそうです。

で、このサイトの「安心安全情報」のコーナーを見ると、「食品中の放射性物質(厚生労働省)」というリンクがあるのですが、北九州市の農産物・魚介類を検査した結果を載せるのではなく、「福島県及び隣接する自治体(17都県)等の農畜水産物の検査結果を発信します。」だそうで。
あれ?北九州市産物のデータはどこに?


瓦礫を受け入れて処理するからには、北九州市周辺の農産物、魚介類の細かい検査をやる義務があるでしょう。

農産物、魚介類の検査をろくにせずに、「安心安全」とか「風評被害だ」とか言うのは阿呆すぎです。
まったく検査もせずに「安心」とか「汚染が起きてない」とかどうやってわかるんでしょうか?
むちゃくちゃですね。


瓦礫を受け入れて処理するからには、毎日農産物、魚介類をそれなりの数サンプル検査し続けてデータを公開し、周辺で採れた農産物や魚介類に汚染が起きてないという事を示さないといけません。
焼却灰の埋め立て地周辺でももちろん。

もし周辺に汚染が起きてた場合は、周辺は均等に汚染されるわけではないので、そういうのを想定して多くのポイントを設けて細かい検査をしていくしかないでしょう。
市内で一、二箇所みたいな粗いポイント検査だと、ところどころにできるホットスポットを見逃してしまう事になります。

posted by wanwan at 20:26| 記事 | 更新情報をチェックする

2012年09月09日

アスベスト被害の場合は因果関係がはっきり証明されてしまうという話

<現地で瓦礫処理に携わってる方はもちろん、過去に被災地で瓦礫処理を手伝った方は、今後しっかり病院で定期検査するようにしましょう>

阪神淡路大震災の時の瓦礫処理で、アスベスト対策が周知徹底されていなかったために、今頃になって被害者が次々と出てきています。
それまで健康だったのにある日突然体調に異変を来たし、病院にいくと余命を宣告されて、その余命宣告から半年も経たずにお亡くなりになった方もいて、さぞご本人やご家族は無念だと思います。

国は改めて今回の東日本大震災の瓦礫処理について、現地ではアスベストを吸い込まないよう注意を喚起しなおしています。
(環境省が今までの周知をきちんとできていたかは、後年争いとなるかもしれません。多分環境相トップの細野は詰め腹を切らされる事になるでしょう。)

被災地で瓦礫処理に関わる方などは、改めて厳重なアスベスト対策を行うよう注意してください。


また、震災発生以後から現在まで、他県から現地へ赴いて、ボランティアで瓦礫処理に何度も参加された方もいるでしょうが、「現地で瓦礫処理を手伝ってる時の自分のアスベスト対策が十分ではなかった」とお考えの方は、今後定期的に健康チェックを受けて、中皮腫などの早期発見に努めるようにした方がいいでしょう。
(アスベストを使用してない建物なら問題ありませんが、津波により家屋がごちゃ混ぜになったため、正直どの瓦礫がそうであるか判別しにくいと思います。)

現地での瓦礫処理を手伝うのは被災地にとって非常に助けになりますが、それが原因で10年以上後に突然中皮腫になった事を宣告され、余命が残り少なくなる・・・というのはなんとしても避けねばなりません。


<因果関係がはっきりしてしまうアスベスト被害>

特定の狭い地域で中皮腫患者が通常の統計の発生率より有為に高い割合で発生した場合、一番先に原因として疑われるのは、やはり「アスベスト」となります。

放射性物質によって発癌率がアップしたり、その他の症状で悩まされても、正直「因果関係がはっきりしない」とつっぱねられますが、アスベスト被害の場合はそうはいきません。
「因果関係がかなりはっきりしている」のがアスベストによる被害の特徴です。

広域処理については、処理量見直しにともない、今もどんどんあちこちの自治体が手を引いていっています。(例えば愛知県は結局可燃物はもちろん、不燃物も県全体で受け入れは一切しない事になりました)
環境省は「全国で処理しないと間に合わない・・・」などと当初は言っていましたが、実際はもうどんどん受け入れ自治体が激減していっても意に介さず、結局早いうちから手を上げた東京や山形、大阪や北九州など一部の地域のみに受け入れさせて終わりとなりそうです。
何十億円も予算を使って「被災地で処理できる何十倍もの量」とか「全国で処理しないと間に合わない」と広告していましたが、やはり真っ赤な嘘でした。
この大金は捨て金になりましたね。被災地の復興に少しでも多くまわした方が良かったのに……。


以前にも紹介しましたが、すでに瓦礫受け入れを開始している東京では、アスベストが排ガスや焼却灰から検出されて問題となり、受け入れがストップした事がありました。

・世田谷の清掃工場で水銀とアスベストが検出

焼却灰だけでなく、排ガスからも検出されているのが性質が悪い。


もし瓦礫を受け入れた事によって、10年以上後になって静岡の島田市や大阪、北九州市などの清掃工場周辺住民で中皮腫患者が通常の統計の何倍(あるいはそれ以上)の割合で発生した場合、「瓦礫受け入れのせい」以外の何物でもないでしょう。

周辺住民でアスベスト被害が発生した場合は、当然ですが、受け入れを決めた島田市市長の桜井、大阪の橋下、北九州の北橋などはしっかり責任を取らされる事になります。
「市長はとっくにやめたから関係ない」などと言い逃れはできません。
周辺住民から集団で裁判を起こされ、まともな晩年を送る事はできないでしょう。

周辺住民だけでなく、清掃工場で働いている人にも被害が出る怖れがあります。
市長と一緒になって瓦礫受け入れを容認した現在の市の環境課上層部も被害者達から集団で訴えられる事になるでしょう。

どうしても瓦礫を受け入れる場合は、排ガスや焼却灰中のアスベスト濃度を厳重にチェックし続けて、周辺住民や清掃工場関係者、廃棄フィルターの処理業者などなどが健康被害を受けないようにしないといけません。
(そもそも瓦礫受け入れ自体もう中止すれば、後年トラブルを引き起こす事はないのですが)


これは広域処理で処理する分だけでなく、被災地での処理についてもしっかり対策をしないといけません。
被災地での焼却についても、アスベスト被害が出ないよう、排ガスや焼却灰中のアスベスト濃度について、細かい頻度でしっかり計測していくようしないとダメでしょう。

それをまともにやらない場合は10年以上後に被害者が続出し、現在の環境省トップ(細野)や、被災地の県知事、市長が裁判で断罪される事になるのは必至です。


きちんとした対応をしなかった被災地の市長や知事、瓦礫受け入れを決めた市長などが「法的に裁かれる」ならまだマシな方で、アスベスト被害で突然余命二、三ヶ月とか宣告されてしまった人の中には、「裁判の結果を待ってられない」という事で、直接的な方法で彼らに対して報復を行おうとする人も出てくるのでは、と私は最近危惧してたりもします。

「自分が余命残り少なくなったのは、瓦礫を安易に受け入れた○○市長のせいだ。死ぬ前にやつらにしっかり復讐してやる・・・。」という感じで、物騒な殺人劇まで発展しないか心配です。

残念ながら怨恨による殺傷事件は日本では年間非常に多く発生しています。
余命を宣告されて自暴自棄になってしまった人は誰も止められません。

そのような凄惨な事件に発展しないよう、現地の市長や知事、受け入れを表明した市長などは、周辺住民や清掃工場関係者が絶対に健康被害を起こさないよう努める責任があると思います。
広域処理については、これらが徹底できないようなら、安易に瓦礫を受け入れすべきではないでしょう。

posted by wanwan at 23:22| 記事 | 更新情報をチェックする

2012年07月20日

世田谷区の清掃工場で、水銀とアスベストが相次いで検出され、女川のがれき焼却が中止になる

・世田谷区の清掃工場で水銀とアスベストが相次いで検出され、女川のがれき焼却が中止になる
http://togetter.com/li/341513


上記まとめページで報告されていますが、瓦礫を受け入れて処理していた東京の清掃工場で水銀やアスベストが検出されたとの事で、当面は宮城県の瓦礫受け入れ・処理は停止するとの事です。

このニュース見ても、北九州市や大阪市、他の地域などはこのまま瓦礫受け入れを進めるんでしょうかね?
ゴリ押しで瓦礫受け入れても、結局今回みたいに途中で受け入れを中止するはめになるような。

ちなみに瓦礫受け入れ・処理によって基準値を越え、処理を停止したというのは今回の東京のケースが初めてではありません。

http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-1538.html

岩手の一関市でも瓦礫受けいれによって、焼却灰中の六価クロムの量が基準値を大幅に越えてしまったため、受け入れを停止した事が今年二月にありました。
現地のゴミと混ぜて薄めて処理したのに、基準値を大幅に越えてしまったと。


今回のニュースで、ますます広域処理については受け入れる側の反対の声が強くなるでしょう。
また、被災地で処理する分についても、環境中に漏れ出さないよう、改めて対応を見直すべきだと思います。
posted by wanwan at 19:54| 記事 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。